アイディア・創造

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』レビュー・感想

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』のレビューと感想に関する記事です。 今やデジタル商品を作って売るのは 一部の人たちにとっては当たり前となり、 買う側としてはより多くの人にとって 当たり前となってきました。 その火付け役はなんといっても電子書籍といっても良いでしょう。 本書はより大きな視点から、何をデジタル商品にすべきか、 どの市場で戦うべきか、どのようにデジタル商品を作って売るかといった デジタル商品作成者にとっての入門書となります。 本書の概要、多くの人がチャンスを掴みそこなっている理由、 本書を読むメリット・デメリット、本書をおススメする理由、 本書に返金保証があるのか? 本書の問題点について、そして、最後に 著者のエベン・ぺーガンとはどのような人物なのか、 これらの点について書いておりますので 参考になさってください。
アドセンス

アドセンス初報酬が発生しました♪

やっとのこさ、 新規で立ち上げたアドセンスサイトで 初報酬が発生しました♪ その内訳や 初報酬発生までの期間等をお話しますので 参考になれば幸いです♪
アイディア・創造

『100日ファン化計画』レビュー・感想|リピーターの作り方

ジョーイ・コールマン氏の『100日ファン化計画』についてのレビュー・感想記事です♪ コールマン氏曰く、100日でファン化(リピーター) させることが出来るのだとか。 でも、そのためには重要な 流れがありました。 その流れを意識しないまま 気・コールマン氏の『100日ファン化計画』についてのレビュー・感想記事です♪ コールマン氏曰く、100日でファン化(リピーター) させることが出来るのだとか。 でも、そのためには重要な 流れがありました。 その流れを意識しないまま 気が急いてアプローチをかけると 大失敗してしまいます。 企業のマーケティング担当の方から 商店街の一商店主、アフィリエイターに ECCジュニア等のフランチャイジーの方にも おススメな一冊。 本書の概要や多くの企業が顧客のファン化に 失敗している原因など、本書を読むメリットや デメリットをご紹介いたします♪
アイディア・創造

『CLOCK WORK 「脱・社長依存」を実現する「自動化ビジネス」の作り方』レビュー・感想

『CLOCK WORK 「脱・社長依存」を実現する「自動化ビジネス」の作り方』のレビュー記事です。感想も。 長いので以下、『CLOCK WORK』と書かせていただきますね。 本書は既に起業されている方、 これから起業する予定の方で社員を雇おうと思っている方向けの書籍。 詳しくは下記、各項目をご覧くださいませ(*´ω`*)
ビジネス

『売れる脳科学』レビュー・感想 潜在意識を利用して商品を売る方法

ダイレクト出版から出ている 『売れる脳科学』のレビュー・感想記事です。 ダイレクト出版へ年間定期購読をしているので 毎月、嫌でも分厚い専門書のようなビジネス書が届きますw 今回の『売れる脳科学』は セールスライター、企業のマーケティング担当者、 アフィリエイターと、商品を紹介し売ろうとする方には 是非知っておいていただきたい情報が満載の内容でした。 それでは、具体的な情報を書いていきましょう!
FAAP

外注さんを2名雇いました!外注を雇う際に気をつけたい1つのポイントとは

2019年内に外注さんを雇うぞ! とか思っていたら2020年1月に入っていましたw そして気づけば2名の方に外注を依頼しています。 外注化する際に使用したマニュアルはFAAP。 FAAPの簡単なご紹介と、私が外注化する際に気を付けたポイントをご紹介します。
アドセンス

アドセンス審査1発通過!一発で通過するためにしたこと

新規ブログを立ち上げ、 新規でアドセンスの審査を通し、 一発でアドセンスの審査に合格しました♪ アドセンスの審査をパスするのに 結構苦戦される方が多いと聞きます。 何を求められているのかが分かれば アドセンスの審査を通過するのは 比較的簡単なのかもしれません。 今日はアドセンスへ審査を依頼するまでの準備、 そしてアドセンスの審査中にしていたこと、 アドセンスの審査に合格するまでにかかった期間を お話したいと思います。 少しでも参考になれば幸いです♪
自己紹介・運営方針

自己紹介と当サイトの方針

当サイトへようこそ! 管理人のトシと申します♪ 当サイトではアドセンスで月1万円を 稼げるようになるまでの感動体験を あなたと一緒に共有したいと思い立ち上げました。 簡単な自己紹介と過去のアフィリエイト歴、 そして今後の方針を述べておきますので 気になる方はご覧くださいませ(*´ω`*)ゞ
タイトルとURLをコピーしました